単身赴任者がマンスリーマンションに住むメリット

カバンひとつで入居できます

マンスリーマンションとは、月単位で契約を結ぶことで利用出来る賃貸物件のことです。通常の賃貸マンションに住むためには普通借家契約を結ぶ必要がありますが、マンスリーマンションにおいてそのような契約は不要。毎月前払いで料金を支払う仕組みなので、ほとんど誰でも利用出来ます。
マンスリーマンション最大のメリットは、カバンひとつで入居できること。何故なら生活に必要な家具や家電が、最初から全て揃っているからです。単身赴任をする上で面倒な手続きを全てカット出来ることは大きな利点といえます。また、退去する際も入居時同様手間要らずです。
ただし物件によっては家具の状態が悪く、家電も古いものばかりという可能性もあるため、必ず入居前に内装を確認しておきましょう。そのような時間的余裕が無いのであれば、ネットで口コミ情報を調べることで地雷物件をある程度回避出来ます。

おかしな隣人に悩まされるリスクが皆無です

現在、普通の賃貸契約を締結した場合において借り手の権利は法律により強力に保護されています。入居者が犯罪行為を犯さない限り、大家が勝手に追い出すことは困難です。
ですがマンスリーマンションを借りる際の契約は、普通の賃貸物件におけるそれとは違います。借り手の権利は恒久的に保護されないため、夜中に大騒ぎをしたりゴミの分別が出来ないといった問題を起こした入居者は1ヶ月後に更新されず追い出されることになります。
つまり、マンスリーマンションにおける迷惑入居者は自然と淘汰されるため、近隣トラブルに悩まされるリスクはほぼ皆無というわけです。慣れない単身赴任先でおかしな隣人に悩まされるようでは仕事が捗りませんから、静かな環境が約束されていることは大きなメリットです。
勿論自分自身が追い出されてしまう可能性もありますから、決められたルールはしっかり守るようにしましょう。

© Copyright Apartment House. All Rights Reserved.